読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIMにオススメのスマートフォンを比較

スマートフォン-SIMフリー スマートフォン

 

f:id:mataro1:20141102150826j:plain

オススメ端末(スマートフォン)の紹介

特にBIGLOBE LTE・3GデータSIM・音声通話SIMにおいてオススメの端末を紹介します。その他の会社でも一応使える端末だと思います。

では、端末について比較します。

 

基本は日本国内で過ごすので、ハイスペックスマートフォンが欲しい場合

この場合ですと、過去に発売されたdocomoのスマートフォンで済むので安くで良いスマートフォンを手に入れることができます。
結局のところ、なんというか海外によく行く方はdocomoのスマートフォンと安いSIMフリースマートフォンの2台持ちをオススメします。

肝心のオススメ端末はSHARPかSONYのスマートフォンです。最近の日本製スマートフォンの進歩には驚きを隠せません。また、日本製品を購入して日本企業を応援したいからです。しかし、贔屓しなくても大丈夫なくらいのスペックなので安心して下さい。
バッテリーの持ちなどはピカイチです。
SHARPのSH-01E(2012年秋モデル)のLTEでの連続待受時間は約270時間。
SHARPのSH-01F(2013/14年冬春モデル)のLTEでの連続待受時間は約580時間。
SHARPのSH-04F(2014年夏モデル)のLTEでの連続待受時間は約770時間。
もちろん処理機能もアップしてますので、画面の動作はサクサクです。

最新端末は高いので、半年から1年前のモデルをオススメします。
今のところは2013冬~2014夏のモデルのオススメを紹介します。

 

海外によく行くのでSIMフリースマートフォンが欲しい場合

Nexus5!基本はこれでしょう。
中々のハイスペックさと価格の安さ。Nexus5はSIMフリースマートフォンとして人気のある製品です。なんと言ってもGoogleが手掛けているスマートフォンです。製造メーカーはLGエレクトロニクスとなっています。

スペックを下げても値段を下げたい場合は、 ZTE Blade Vec 4Gがオススメです。

低価格ながらもクアッドコア、5.0インチ・解像度1280×720ピクセルとまあまあのスペックです。
残念な点を挙げるとすれば、外部メモリ非対応(microSD使用不可)という点でしょうか。

一応保存容量は16GBあるので、動画や大容量アプリを入れ過ぎなければ大丈夫だと思います。
初めてのSIMフリースマートフォンとしては最適な機種だと思います。