読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

③1台持つより2台持つほうがお得!docomoの2台目プラスで毎月の料金を1000円程安くする方法

docomo-携帯料金 docomo スマートフォン-iphone スマートフォン

2台目プラスとは

2台目プラスのイメージ

docomoには1人でスマートフォンなどを2台契約するとき、2台目プラスと呼ばれるお得なサービスがあります。

カケホーダイプランを契約している名義でデータプランを契約する場合、データSパックなどでデータ量をシェアできます。

2台目プラスを使用すれば、今までよりも低料金でスマートフォン・タブレットを契約できたりします。

2台目プラス適用条件

1台目のスマートフォンでカケホーダイプランとデータパックを契約している必要があります。

2台目はデータプランを契約します。そうすれば、2台目プラス対象のため、シェアオプションが自動的に契約されるはずです。一応,契約時に担当してくださった店員さんやドコモのサービスセンターに確認することをオススメします。

docomoでの維持費

ここでは、3パターンの料金を紹介します。

①1台目の維持費

②2台目の維持費part1

③2台目の維持費part2

①1台目の維持費

契約内容は

  • カケホーダイ
  • データSパック
  • spモード

合計6500円(税別)

となります。

②2台目の維持費Part1

契約内容は

  • データプランのスマートフォン・タブレットバージョン
  • シェアオプション
  • (spモード)

合計最低2200円(税別)

となります。また、お好みによってspモードは契約します。2台目ではspモードを契約しないのが基本です。なぜなら、docomoのキャリアメールアドレスを普通は使用しないからです。

1台目のスマートフォンでdocomoのキャリアメールを使用することはあると思いますが、2台目のタブレットでわざわざキャリアメールアドレスを使う方は中々居ないと思います。

もう一度言いますが,2台目ではspモードを契約しないのが基本。

なぜなら、ムダなお金がかかる上に使用しない確率が高いからです。

③2台目の維持費Part2

契約内容は

  • データプランのルータバージョン
  • シェアオプション
  • (spモード)

合計最低1700円(税別)

となります。また、お好みによってspモードは契約します。

まとめた表

以下は1台当たりの毎月の料金をまとめた表です。税別表示です。

プラン内容 ①カケホーダイ

②データプラン

(スマートフォン)

③データプラン

(ルータ)

基本料金 2700 1700 1200
データパック(2GB) 3500 - -
spモード 300 0~300 0~300
シェアオプション - 500 500
合計 6500 2200~2500 1700~2000

2台の総合計最低維持費

ここでは、iPhone6をMNP一括0円で2台契約した場合の料金を紹介します。

1台目の最低維持費

表の①6500円から月々サポートを引くと、

iPhone6の維持費は3923円

2台目の最低維持費

上記表の②と③の料金から月々サポートから割引されるため、料金がマイナスになります。このマイナスは親回線に適用することができるため、毎月の料金を安くすることができます。

iPhone6 2台分のトータル維持費は

上記表②の場合

3923円から-702円

なんとデータプランの場合でも1台のみで契約するより700円も安くなります。

上記表③の場合

3923円から-1242円

ルータプランの場合は1200円も安くなるという驚きです・・・

合計

結局2台を同時持ちしたとき、どのような料金になるかを説明します。

1台目+2台目=合計最低維持費

2台合わせた最低維持費は

2681~3221円となります。

2681~3221円・・・・・

安いですよね・・・

1台目の計算方法は詳しい計算方法は以下の記事を参考にして下さい。

①docomoでiPhone5s・6を格安維持~「最低維持費の計算は?」~ - 家電とプリンと会話の錯綜ブログ

契約方法

ここまで説明してきたのはあくまで理論的なものです。

これを実現するには以下のような契約条件で契約する必要があります。

1台目は出来ればMNPでiPhoneなどを一括0円で契約します。その後、上記の表の①カケホーダイの内容に契約内容を変更します。大切なのは2台目の契約内容のため、1台目はお好きな機種で構いません。少しでも料金を安くしたいのならiPhoneがお勧めです。

2台目は同じようにMNPで本体一括0円月々サポートの額が大きいiPhoneなどを契約します。その後、上記の表の②もしくは③に契約内容を変更します。

MNPするための端末を用意

基本的にはMNPで本体代金一括0円で契約しないと割引額は減ります。

そのため、もしもauやソフトバンクの回線をお持ちでない場合は、以下の記事を参考に端末を用意して下さい。

②新入生・新規契約者必見!docomo・SoftBankでiPhoneを安く契約する方法 - 家電とプリンと会話の錯綜ブログ

注意点(かなり重要)

2台目をdocomoでMNP契約するときは、大体カケホーダイプランが必須契約です。そのため、ご自身でデータプランに変更する必要があります。

また、変更月はカケホーダイプランが適用され、データプランは翌月からの適用になるので、注意して下さい。

一応基本ですが,MNP一括0円を探すことと毎月の割引額が大きい端末(iPhoneなど)を契約する必要があります。

iPhone割?!

docomoではiPhone割と呼ばれるものがあるため、さらに500円ほど安くなるかもしれません。

この記事がオススメ!

www.mataro1.com

 

以下の記事は携帯を安くする方法をまとめたものです。

mataro.hatenablog.jp

iPhoneで写真を綺麗に撮る方法を紹介しています。

www.mataro1.com