読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検索順位降下中?はてなブログで作られたサイトの検索順位がヤバイ

f:id:mataro1:20170213234621p:plain当サイトまたろぐは、はてなブログで開設したウェブサイトになります。 しかし、ここ2,3日(2017年2月9日くらいから)の検索順位がかなり不安定で、検索数の多いキーワードでの検索順位下落が続いています。

はてなドメインの検索順位が低下する傾向があるという記事もあります。

etc.hateblo.jp

しかし、当サイトは、はてなドメインではなく独自ドメインです。独自ドメインですが、検索順位がかなり低下中ですので、普段はアクセス数が~とは書きませんが、今回は状況をご紹介したいと思います。
また、最近は悪意あるリンクも付いていて、対策をしたつもりなのですが、しっかりと対策をできているかを確認していただきたいという思いもあります。

2017年2月13日の現状

2月8日までは特に大きな流入数の変化はなく、アクセス数の増減が多少ある程度でした。 しかし、2月9日以降、明らかに順位が下がっています。1日当たり5%~10%程度のアクセス数が減少しています。

2月8日100とした場合、2月13日で70くらいのアクセス数しかありません。 2月10日くらいまではたまたまアクセスが減少しているだけかと思っていましたが、こうも減少が続くと、気になるものです。

検索順位が下落している理由の考察

アクセス数が減少している理由を私なりに考えてみたので、紹介しようと思います。
大きくは2つの理由を考えています。

  • 検索数が多く、競合に大手通販サイトや公式サイト(大手の会社)、大手販売代理店などが存在するキーワードは、老舗の大手サイトが有利な状態ではないか。
  • パクリサイトによる被リンクがブラックSEOと思われたのではないか。

2017年2月現在は老舗や大手サイトが有利?

キュレーションメディアの問題が騒がれた後、Googleのアルゴリズムの変更が話題になったばかりです。そのため、ナチュラルな被リンクが多い上に古くから存在するドメインが有利になったのではないかと考えます。
私のサイトで大きく順位が降下しているキーワードで検索してみると、大手通販サイトが上位に出てくることが多いです。

そのため、上記で紹介した記事では、はてなドメインが全体的に下落中とありますが、私的には競合率が高いキーワードでは新参サイトが不利な状態にあるのではないかと考えます。はてなドメイン自体が弱まっているかもしれませんが、そもそも信頼性の高い古参の大手サイトが検索上位に出てきつつあるのだと思います。

上記の記事は人気サイト「クレジットカードのよみもの」の運営者によって書かれています。クレジットカードは競合も多く、強者たちが集まりやすいジャンルでもあると思います。そのため、大手や老舗のサイトを優遇するアルゴリズムに変更されたため、順位が下落しているのではないかと考えます。

憎きパクリサイトによる嫌がらせ

当サイトをパクっているのは以下のサイトになります。

http://tiprunn.cf/

具体的には、サイト全体をパクリ、記事の一部に家具などの情報が挿入されています。しかし、おそらくアフィリエイトリンクなどはないです。そのため、重複コンテンツとしての嫌がらせも考えられます。

そして、当サイトへ累計50000以上の被リンクが付いていて、1記事に4000ものリンクを付けています。

対策としては以下の様な2つのことを行いました。この2つの対策方法だけで大丈夫かが気になります。

  • リンクの否認
  • 著作権侵害による削除

リンクの否認は以下のサーチコンソールの画面から出来ます。

Google Search Console

具体的な否認の方法はGoogleの公式サイトから見ることができます。

support.google.com

著作権侵害による削除は以下のリンクから行えます。

Google Search Console

著作権侵害による削除が完了したら、Googleのインデックスに上記のパクリサイトは出てきませんでした。インデックス状態を確認するにはGoogle検索に以下のように入力します。

まとめ

おそらくアルゴリズムの変動による検索順位の下落でしょう。はてなブックマークの効果が薄まったのか、それとも信頼性のある大手サイトが優遇されているのかと考えます。 何か大きく変化したことがあれば、また報告したいと思います。