読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必見!auのスマホ料金は安いのかプランごとに4パターン解説

スマートフォン スマートフォン-料金節約

f:id:mataro1:20160207202456j:plain

この記事ではauのスマホ料金の説明をします。auの携帯料金には大きく3種類ありますが、これらの毎月の料金の違いやメリットなどを紹介しています。

それなりに分かりやすくまとめっていると思うので是非一度見てみてください。
特にiPhoneやAndroidスマホの契約を考えている方は必見です。

auスマホの基本プラン紹介

iPhoneやAndroidのauスマートフォンにおける基本的なプランは4パターンほどあります。

  1. 5分以内の通話なら無料のスーパーカケホにお好きなパケット容量を付加した電話かけ放題プランS
  2. 基本的な国内宛通話が全て無料の電話かけ放題プラン
  3. 無料通話なしのLTEプランに7GBのパケットがついたプラン(電話かけ放題はなし)
  4. 上記3パターンのうち契約しているものににスマートバリューの割引を適用させる

それぞれ特徴やメリットが違います。そのため、自分にあったプランを契約しなければいつの間にか損していることもあります。この記事ではそれぞれのプランの特徴やどのような人にオススメかの紹介をします。

また、auのiPhoneはどのくらいで契約できるのかも紹介していきます。
特にauひかりなどを契約していて、スマートバリューが適用できる場合とそうでないのでは毎月のスマホ料金が変わってくるので別々に紹介します。
また、スマートバリューは2年経過後と2年経過するまででは割引料金が違うので注意が必要です。

電話かけ放題プランSの毎月の料金

電話かけ放題プランSは一部を除き毎月5分以内の国内通話なら、通話料無料になるプランです。そのため、誰でも割を適用させた毎月の料金は1700円と少々お得になっています。

スマートバリュー適用なし

まずはスマートバリューの割引がない場合の料金を紹介します。
2016年、データ定額1(1GB)と言うものが新たに発表されたことによりauスマホの料金が以前より低くなりました。ただし、データ定額1(1GB)&スーパーカケホライトの組み合わせでは毎月割が使用できません
これを含めて、データ容量毎の毎月の料金を以下に示します。
基本プランは電話かけ放題プランS 1700円のことです。

データ容量料金基本プラン

LTE NET
毎月の合計
データ定額1(1GB)2,900円2,000円4,900円
データ定額3(3GB)4,200円6,200円
データ定額5(5GB)5,000円7,000円
データ定額8(8GB)6,700円8,700円
データ定額10(10GB)8,000円10,000円
データ定額13(13GB)9,800円11,800円

※上記の基本プラン(電話かけ放題プランS)は誰でも割適用時の料金
また、データくりこしができるプランは5GB以上のプランとなっています。

データ定額1(1GB)は毎月のデータ容量が1GBとかなり少ないですが、ライトユーザーは毎月5000円以内で契約できるようになりました。後は機種代金を可能な限り実質0円に近づける必要があります。
しかし、データ容量が3GB以上になると個人的にはかなり高いと思います。特に8GB以上のデータ容量になってくるとゾッとします。

そのため、1GBのプランで大丈夫で、5分以内の通話料無料のかけ放題プランで大丈夫なライトユーザーにはオススメです。ただし、毎月割が利用不可になりますので、機種本体代金が高額な場合は逆に高くなってしまうことがあるため、注意が必要です。

しかし、8GB以上のプランなら2台持ちを考えることをオススメします。3GBや5GBの場合も2台持ちした方が安くなることがありますが、どうしてもiPhoneを使いたいとなると毎月の料金的に際どい所があるので、後から詳しく計算してみたいと思います。 2台持ちについては記事の下の方で書いています。

スマートバリュー適用あり

電話かけ放題プランSでスマートバリューを適用した場合、以下のようになります。
1GBのプランは4000円切ってかなり安いですね。ただし、データ容量が1GB・・・

しかしながら、これならiPhoneを契約しても料金を抑えることができます。iPhoneの16GBや64GBモデルなら、割引クーポンや下取りをした場合、毎月の料金にプラス0円~1000円程度になり、毎月4000円~5000円程度で済みます。

データ定額合計スマートバリュー割引料金スマートバリュー適用時の毎月の合計
2年経過前2年経過後2年経過前2年経過後
データ定額1(1GB)4,900円ー934円ー500円3,966円4,400円
データ定額3(3GB)6,200円ー934円ー934円5,266円5,266円
データ定額5(5GB)7,000円ー1,410円6,066円7,066円
データ定額8(8GB)8,700円ー1,410円7,766円8,766円
データ定額10(10GB)10,000円ー2,000円9,066円10,066円
データ定額13(13GB)11,800円ー2,000円10,866円11,866円

ただし、今話題の格安SIMに切り替えれば、毎月1500円~3000円の基本料金+スマートフォン本体代金で契約することができますので、安くなりやすいです。

www.mataro1.com

www.mataro1.com

電話かけ放題プラン

電話かけ放題プランは一部を除き通話が通話料無料になるプランです。ナビダイヤルなどの有料通話はなりませんが、携帯電話同士や固定電話に電話を掛ける場合は無料になります。
電話かけ放題プランSより条件が良くなるため、少々高くなります。

スマートバリュー適用なし

電話かけ放題プランのスマートバリュー適用なしの料金を示します。

データ容量料金基本プラン

LTE NET
毎月の合計
データ定額2(2GB)3,500円3,000円6,500円
データ定額3(3GB)4,200円7,200円
データ定額5(5GB)5,000円8,000円
データ定額8(8GB)6,700円9,700円
データ定額10(10GB)8,000円11,000円
データ定額13(13GB)9,800円12,800円

※上記の基本プラン(電話かけ放題プラン)は誰でも割適用時の料金
また、データくりこしができるプランは5GB以上のプランとなっています。

電話かけ放題プランはデータ容量1GBを選択することが出来ません。そのため、最低でも2GBのプランを契約する必要があり、毎月の料金が少し高めです。

そのため、スマートバリューなしだと2GBのプランでも6500円はかかります
そのため、電話かけ放題プランは全体的に高めです。そのため、人によっては2台持ちをするなり格安SIMを使うなりした方が料金を抑えられるでしょう。

スマートバリュー適用あり

電話かけ放題プランのとき、スマートバリューを適用した場合、以下のようになります。
2GBのプランはかなり安くなりましたね。

データ容量合計スマートバリュー
割引料金
スマートバリュー適用時の毎月の合計
2年経過前2年経過後2年経過前2年経過後
データ定額2
(2GB)
6,500円ー934円ー934円5,566円5,566円
データ定額3
(3GB)
7,200円ー934円6,266円6,266円
データ定額5
(5GB)
8,000円ー1,410円6,590円7,066円
データ定額8
(8GB)
9,700円ー1,410円8,290円8,766円
データ定額10
(10GB)
11,000円ー2,000円9,590円10,066円
データ定額13
(13GB)
12,800円ー2,000円11,390円11,866円

スマートバリューが使えるとそこそこ安くなりますが、少々高めですね。最低でも5566円かかってしまうので、これに機種代金をプラスとなると、機種代金をいかにして抑えるかが重要になります。

LTEプラン&データ容量7GB

ちょっと前までは一般的だった無料通話のないプランです。

スマートバリュー適用なし

LTEプランは誰でも割適用時で毎月934円になります。これにLTENET毎月300円が足され、LTEフラット(7GB)毎月5700円が足されます。
そのため、以下のような料金になります。

934+300+5700=6934円

データ容量はかなり多いですが、まあまあ高いですよね。

このプランを契約する予定の方は基本的に格安SIMも候補に入れることをオススメします。
同じように無料通話なしでパケット6GBで毎月2000円程度で済むプランもあるためです。これにSIMフリースマホ本体代金がかかりますが、あまりハイスペックを求めなければお得になります。

ただし、スマートバリューを適用するのか、iPhoneをどうしても使いたいのかで料金が変わってきます。

スマートバリュー適用あり

LTEプランの場合、スマートバリューを適用させた時は合計料金6934円から割引料金を引けばよいです。

そのため、

  1. 2年経過前なら、6934-1410=5524円になります。
  2. 2年経過後は、6934-934=6000円になります。

そのため、通話を全くしない人にLTEプランは向いてはいます。

しかし、電話かけ放題プランの2GBや電話かけ放題プランSの5GBと同程度の料金になります。
そのため、5分以内通話料無料の電話かけ放題プランSの5GBが同じくらいの料金ですので、もしもLTEプランを契約しようかと考えていた方には電話かけ放題プランSの5GBも候補に入れることをオススメします。

まとめ

5分以内の通話料が無料のかけ放題プランSのデータ容量1GBは毎月4900円と中々安くオススメできます。ただし、データ容量が1GBであるため、よほど外出先でパケット消費をしない人限定になります。
さらに、自宅で固定回線のauひかりなどを契約している場合、スマートバリューのおかげで毎月4000円を切ってくるのでかなりオススメです。
この4000円にiPhone本体代金が加算されますが、機種変更だと大体毎月プラス0円~1000円程度ではないでしょうか。スマホ下取りプログラムや機種変更割引クーポンなどを使用すればこのくらいになると思います。

しかしながら、毎月の通信データ量を1GBに抑えるのは難しいです。
また、通信データ量が毎月1GB未満の人は外出先でスマホを頻繁に使用していないと考えられるため、本体代金が10万円近くするiPhoneを使うのはもったいないような気がします。
よほどiPhoneにこだわりがなければ、Androidスマホを使うことを考えたりしてもいいかもしれません。外出先ではAndroidスマホ、自宅の中ではタブレットを使うなど。

後はやはりスマートバリューを適用できるかどうかが肝ですね。

auのスマホを使い、固定回線も契約しているならauひかりかスマートバリュー利用可能となっている会社で契約することをとてもオススメします。

スマートバリューが使える場合、
5分以内通話無料の電話かけ放題プランSの3GBや5GBは毎月5500円程度、
5分以上の通話も通話無料の電話かけ放題プランの2GBでも5500円程度になるのでかなりいい条件ではあると思います。

iPhoneを使いたい方はこれらのプランを候補に考えてみると良いでしょう。後は割引クーポンやスマホ下取りやスマホをゲオなどのショップで売却するなどで機種代を少しでも0円に近づければかなりお得です。
ただし、これらのプランをオススメしたい対象の人はauでiPhoneを使いたい方です。

AndroidスマホはSIMフリースマホで安いのがあったりするので、SIMフリースマホ&格安SIMの組み合わせにした方が安くなりやすいです。かけ放題のプランが必要であれば、楽天モバイルのかけ放題のサービスを利用や追加でかけ放題用のガラケーを2台目として持つことなどが考えられます。
オススメの記事が以下になります。

www.mataro1.com