読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログタイトルをシンプルでセンス良く変更しました

その他

f:id:mataro1:20150902212031j:plain

 

タイトルは釣りっぽい感じもしますが、ブログ名を変更しました。

以前から、ブログ名を変更するかどうかは迷っていたのですが、ようやく変更しました。

そこで、何故ブログ名を変更したのか、ブログ名はどのようにつけるべきなのかについて紹介したいと思います。

 

ブログ名を変更した理由

以前のブログ名は、

「家電とプリンと会話の錯綜ブログ」

でした。

・・・・・・

長すぎ!!
&
プリンと会話について何も書いてない!!

 

ブログを始めたばかりの頃は、

家電とプリンと会話の3つのジャンルを中心にブログを書こうと思っていました。

 

しかし、現実は違いました。。。

実際は家電のことは書いてはいるけど、ブログデザインとか携帯料金の記事ばかり書いていました。

 

そこで、今回は長ったらしいブログ名よりマシなブログ名にしようと思い、ブログ名を変更しました。

また、弱小ブログなため、ブログ名で検索されることが全然ない今のうちに変更をしました。

長ったらしかったり、ピンと来ないブログ名にしている人はアクセスが少ないうちにブログ名を変更することをお勧めします!

 

 

ブログ名はブログ内容を含むものにせよ!

はい、私はこのルール守ってませーん。

しかし、SEOなどを考えると、ブログ名はブログの内容と関係のあるものにするべきです。

 何故なら、ブログがGoogleさんに良く評価されるようになったとき、ビッグワードでのアクセスが増えやすいからです。ビッグードでアクセスが増えるのって重要ですよ!

あり得ない話ですが、もしもiPhoneとかで検索順位1位になったら、物凄いアクセス数になりますよね!また、iPhoneと言うキーワードで1位になっても大した意味はない気もしますが・・・それよりもiPhone アクセサリーとかで検索順位1位の方が嬉しいですね(笑)

 

ここで、どのようなブログ名がお勧めか例を説明します。

例えば、フライパンの比較をメインにするサイトなら、

「フライパン比較くん」

などとすると良いです。

 

ブログ名って、人の職種のようなものに近いと思うんですよね。

またまた、例え話で申し訳ないですが、

Googleさんは超巨大な仲介業者で、Googleさんは世界中の様々な職種の人間を知っています。
そんな中、日本料理人のAさんは、自分は医者だと職種を偽って、Googleさんに登録してもらっています。
ある日、日本料理店オーナーのBさんが新たな日本料理人を求めていました。そこで、Bさんは、Googleさんに紹介の依頼をしました。
日本料理人のAさんは医者だと偽っているため、GoogleさんはAさんをBさんには紹介しません。何故なら、医者をBさんに紹介してもしょうがないからです。結局はマッチングというか相性が重要ですよ。そのためには、自分を分かってもらうしかありません。

 

 

検索エンジンは利用者がより簡単かつ正確に求める情報を得られるようにサポートすることを目的としています。

そのため、名刺代わりのブログ名はブログ内容を表現するものが良いです。

 

ブログ内容を含んだブログ名にしたかったのですが、私のブログは雑多ブログに近いと思うので、どうしてもブログ内容を含んだものにできませんでした。

 

 

ブログ名はキャッチーな物がいい

人気ブロガーや人気サイトは個人を象徴するようなタイトルのことが多いです。

キャッチーなタイトルにすることで、読者にブログ名を覚えられやすくなります。

 

人気サイトの例で言うと、バズ部などは覚えやすく、すぐに検索もできるような名前だと思います。また、以前バズ部のサイトでバズ部のアクセス紹介記事を見たとき、バズ部のキーワードでアクセスをそこそこ獲得していることを確認しました。

これは利用者がバズ部と言う存在を認識し、バズ部の質の良いコンテンツを見るために検索した結果だと思います。また、一種のブランドみたいなものでもあると思います。

 

 

人気ブログだと、しっきーさんのブログ、✩←ヒトデさんの今日はヒトデ祭りだぞ!なんかがあると思います。それぞれライター名をブログ名にも含め、また覚えやすいです。

またこのお二方の記事はとても面白く、読みやすいです。

 

blog.skky.jp

hitode99.hatenablog.com

まとめ

私のブログは雑多ブログのため、

ライター名のまたろーを少しいじって、

またろぐ

にしました。

またろーという名前とブログが融合したみたいで、かっこ良くないですか?( ・´ー・`)

まあ少しはマシなブログタイトルになったと思います。

オススメ記事

www.mataro1.com

www.mataro1.com

www.mataro1.com