読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

docomoのスマホ料金を毎月数千円も安くする方法とは?

スマートフォン スマートフォン-料金節約

f:id:mataro1:20160313202151j:plain

この記事では主にドコモの携帯をお使いの方が毎月の携帯料金を安くする方法を紹介します。docomoのスマホをお使いの方で毎月7000円、8000円払っている方は必見です。

それでは、どのようにすれば毎月数千円安くなるのか説明します。

 

携帯の維持費は重要

家族人数が多ければ、多いほど携帯料金は高くなりますよね。
4人家族だと、毎月40000円近く携帯料金を払っているという方もいると思います。

そこで、今回紹介する方法を実行すれば、人によっては一人当たり5000円料金が安くなります。毎月5000円安くなると、1年で60000円の節約になります。
ここで、重要なことは今回紹介する方法はスマートフォンの契約方法です。  

家族人数×数千円分安くするには?

1人当たり毎月1000円安くなれば、1年間で12000円節約できます。
これが家族の人数分になるのでかなり家計の負担が変わってくると思います。

また、スマートフォンなどの携帯は生活に欠かせなくなっているため、どうしても契約しておきたい方が多いと思います。
そこで、スマホの契約方法を変更することで、簡単に節約する方法を紹介します。

今話題の格安SIMを契約

格安SIMが何か分からないという方もいるでしょう。

簡単に言うと、SIMカードは許可証です。SIMカードは携帯で電話やインターネットを外出中に使うために必要な許可証のようなものです。
SIMカードの見た目はmicroSDと同じくらいの大きさのカードです。   このSIMカードと呼ばれるものと、これを挿入するスマートフォンを用いることで自宅外で4Gや3Gを用いた通信を行うことができます。

今、ドコモやauやソフトバンクで契約している方はそれらの会社からSIMカード(許可証)を借りています。
このdocomoなどのSIMカード(許可証)の代わりに、格安SIMを提供している会社と新しくSIMカードを契約すれば毎月数千円抑えることもできたりします。   そう、重要なことはSIMカードを他の会社と新しく契約することです。
ただし、人によってはauやSoftBankで契約した方がスマートフォンの料金が安くなることがあります。そのため、自分に合ったプランを選ぶ必要があります。

ともかく格安SIMを契約する場合、必要なものはSIMカードとスマートフォンです。
これらの詳しい契約方法は以下で説明します。

格安SIMを挿入するスマホについて

ここではスマホ本体についての説明をします。

auやドコモ契約者はスマホそのまま使用可能

スマートフォンとSIMカードが必要ですが、スマホ料金を抑えるためにSIMカード(許可証)を格安SIM会社と契約すれば良いと言うことは分かっていただけたでしょうか。

次はこのSIMカードを装着するためのスマートフォンを用意します。 auやドコモのスマートフォンを使用中の方は、au系やドコモ系の格安SIMと呼ばれるものを契約すれば、スマートフォンを買い替える必要がないことがほとんどです。そのため、docomoやauのスマホをお使いの方は今のスマートフォンをそのまま使用できます。

不安な方は格安SIM会社で自分の機種が使えるか調べる、またはサポートに尋ねるなどしてみてください。

SIMフリースマホを購入

上記で説明したように、docomoやauのスマホをお使いの方はそのままスマホを使用することも可能です。

しかし、スマホを新しく購入したいと言う方もいるでしょう。また、そもそもdocomoやauのスマホを持っていないと言う方もいるでしょう。

そこで、オススメはSIMフリースマートフォンです。Amazonなどで安価かつ簡単に購入することができます。   先にSIMフリースマートフォンのデメリットを言うと、メーカーのサポートしか基本的にないため、壊れたら直接メーカーとやり取りをする必要があることです。
壊れたり、初期不良に当たったときが少々面倒です。

その代わり、SIMフリースマホは安くで色々な機種を選べるためオススメです。
スマホをあまり壊したことがない方はSIMフリースマホを購入するのもありでしょう。

新しくスマートフォンの購入を検討している方は以下の記事を参考にして下さい。
ただし、SIMフリースマホを使う場合はdocomo系のMVNOで契約しましょう。

www.mataro1.com

www.mataro1.com

オススメの格安SIMを契約する方法

もう一度言いますが、必要なものはSIMカード(許可証)とスマートフォンです。

SIMカードは格安SIM会社と契約する必要があります。
スマートフォンは、上記で説明した通りお持ちのもので大丈夫だったりもします。

基本的には格安SIMを提供している会社で直接申し込めば大丈夫です。

SIMカードの選び方の1つの基準として、
auのスマホをお使いなら、mineoのAプランやUQ mobileでSIMカードを契約しましょう。
docomoのスマホをお使いなら、docomo系のIIJmioやBIGLOBEなどその他多くの会社のどこか1社でSIMカードを契約できます。
SIMフリースマホをお使いになるなら、docomo系の格安SIMを契約しましょう。

どの格安SIMが自分に合っているかを判断するために以下の記事を参考にして下さい。

www.mataro1.com

www.mataro1.com

格安SIM会社はスマートフォンも契約可能

格安SIM会社はスマートフォンの価格も安いです。毎月1000円〜2000円ほどで契約することができます。 しかし、SIMフリースマートフォンというものがあり、こちらも安くで購入することができます。

まとめ

格安SIMは料金自体は安いです。
しかし、電話かけ放題のプランなどが充実していないため、電話を頻繁に掛けるという方は本当に料金が安くなるか確認が必要です。

ちなみに楽天モバイルは5分以内かけ放題のオプションプランがあります。

また、家族が多い場合などはSoftBankの固定回線SoftBank光と一緒にスマホを契約するのもありでしょう。SoftBankは家族で高速データ通信のパケットを分け合うことで毎月のスマホ合計料金が安くなりやすいためです。

www.mataro1.com