読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年にオススメの人気SIMフリースマホ1万円台の機種一覧のまとめ

スマートフォン-SIMフリー スマートフォン

格安SIMを契約したらSIMフリーの端末が必要になると思います。
しかし、SIMフリースマホは種類が多くて、選ぶのに悩んでしまいます。
そこで、今回はLINEなどのSNSや通話、メール、ちょっとしたブラウジングなどをメインでするライトユーザーにオススメのSIMフリースマートフォンを紹介しようと思います。

この記事では1万円台で購入できる価格が安いSIMフリースマホを紹介していきます。

1万円台のSIMフリースマホがオススメの対象者

2000年台の携帯(ガラケー)は普通に8万とか10万とかしていましたよね。さらに、iPhoneなどのスマホも8万とか10万とかしますよね。
1万円台で購入できるSIMフリースマートフォンはauやドコモなどのキャリアで契約するスマートフォンに比べて安いです。
しかし、安いのには理由があります。そのため、メリットもありますが、デメリットもあります。

そこで、1万円台のSIMフリースマホを購入するべき人の例をご紹介します。

  1. 電話をたまにする程度の人
  2. メールやLINEなどのSNSしかしない人
  3. スマホでのブラウジングはたまにする程度の人
  4. 携帯料金を安くしたい人
  5. 重たい処理を行わない人
  6. スマホ操作の快適性を求め過ぎない人
  7. 手厚いサポートを求めない人

1万台のスマホは比較的スペックが低いです。
そのため、音楽ゲームや3Dアクションゲームなどをする人にとってはオススメできません。
しかしながら、重い処理のゲームをしない人にはオススメします。
さらに、1万円台のSIMフリースマホなら本体料金が圧倒的に安いため、わざわざ高いスマホを買う必要もありません。

分かっておいて欲しいこととして、基本的な操作でカクつくことは以前より減ってきてはいますが、予期せぬ誤動作だったり、初期不良当たることもあるということです。
また、SIMフリースマホは海外メーカーが販売している事が多く、安い代わりにサポートが雑だったりもします。

1万円台のSIMフリースマホ比較表

1万円台で購入できるSIMフリースマホの表を載せておきます。
しかしながら、この表見づらいですね。表の下に書いてある機種ごとの特徴を見てもらったほうがいいかもしれません。そのうち訂正します。

Priori 3S LTEpriori3 LTELiquid Z330KATANA 02
メーカーFREETELFREETELAcerFREETEL
OSAndroid 5.1Android 5.1Android 5.1Windows 10 Mobile
価格17,800円 (税込19,224円)13824円12960円19800円
発売時期2016年2月2015年11月2015年12月2016年1月
液晶サイズ5インチ4.5インチ4.5インチ5インチ
画面解像度1280x720480×854480×8541280x720
バッテリー容量4000mAh2100mAh2000mAh2600mAh
連続待受時間?約216時間約625時間(3G)約300時間
SIMMicroSIMx1 NanoSIMx1標準+microSIMmicroSIMmicroSIM×2
幅 高さ 厚み72 144 9.4mm65 132 8.9mm66.5 136 9.6mm72 141 8.9 mm
重量161g120g142g159g
3G対応バンド1/6/8/191/6/8/191/6/191/6/8/19
LTE対応バンド1/3/7/8/191/3/8/191/3/19/281/3/8/19
ドコモ対応バンド1/3/191/3/191/3/191/3/19
CPUMediaTek MT6735P 1GHz (クアッドコア)MediaTek MT6735M 1GHz (クアッドコア)Snapdragon 210 1.1GHz (クアッドコア)MT6735 Quad core 1.3GHz (クアッドコア)
内蔵メモリー2GB1GB1GB2GB
内蔵ストレージ16GB8GB8GB16GB
外部メモリーmicroSDXC (最大128GB)microSDXC (最大128GB)microSDHC (最大32GB)microSDHC (最大32GB)
無線LAN802.11 a/b/g/n802.11 a/b/g/n802.11 b/g/n802.11 b/g/n
カメラ画素数リア:800万 /イン:200万リア:800万 /イン:200万リア:500万 /イン:500万リア:800万 /イン:200万
防水/防塵×/××/××/××/×
カラバリマットブラック、 パールホワイト、 ネイビーブラック、ホワイト、 ヌーディーベージュ、 ビビットオレンジ、 ルビーレッド、 ミントブルーブラック、 ホワイトメタリックグレー
コスパ8888
総評7888
SAMURAI MIYABIKATANA 01FLEAZ POPUPQ Phone A01X
メーカーFREETELFREETELcoviaUPQ
OSAndroid 5.1Windows 10 MobileAndroid 5.1Android 5.1
価格19800円13824円約15000円15984円
発売時期2015年10月2015年11月2015年9月2015年12月
液晶サイズ5インチ4.5インチ4インチ4.5インチ
画面解像度1280x720480×854480×800480×854
バッテリー容量2200mAh1700mAh1500mAh1800mAh
連続待受時間約130時間約150時間?約145 時間
SIMmicroSIMmicroSIM×2microSIMmicroSIM×2
幅 高さ 厚み72 142 8.2 mm66.3 132.8 8.9mm62.5 124 10.2mm66 133 8.6mm
重量150g132g107g118g
3G対応バンド1/6/8/191/6/8/191月6日1月19日
LTE対応バンド1/3/8/191/3/8/191/3/191/3/19/28
ドコモ対応バンド1/3/191/3/191/3/191/3/19
CPUMT6735 Quad core 1.3GHz (クアッドコア)MSM8909 Quad core 1.1GHz (クアッドコア)Snapdragon 1.2GHz (クアッドコア)MediaTek MT6735 1.3GHz (クアッドコア)
内蔵メモリー2GB1GB1GB1GB
内蔵ストレージ32GB8GB8GB16GB
外部メモリーmicroSDXC (最大128GB)microSDHC (最大32GB)microSDHC (最大32GB)microSDHC (最大32GB)
無線LAN802.11 b/g/n802.11 b/g/n802.11 b/g/n802.11 b/g/n
カメラ画素数リア:1300万 /イン:500万リア:500万 /イン:200万リア:500万 /イン:30万リア:500万 /イン:200万
防水/防塵×/××/××/××/×
カラバリブラック、ホワイト、 シャンパンゴールドブラックホワイトホワイト、 ブルー・バイ・グリーン、 ブラック、ホワイト
コスパ8766
総評7755

FREETEL Priori 3S LTE

2016年2月発売の5インチAndroidスマホです。
安価なSIMフリースマホには珍しい超大容量のバッテリー4000mAhが特徴のスマホです。

FREETEL Priori 3S LTEの前機種としてFREETEL Priori 3 LTEがあるのですが、大きく変わった部分は画面の大きさ・重量・RAMとROMの容量・バッテリー容量の大きさ・価格・マルチタッチ数です。それぞれ大きくだったり、高くなりました。

  • 5インチHDの液晶画面
  • 安心のRAM2GB
  • ROM16GBとそこそこの保存容量
  • バッテリー容量が4000mAh
  • 5点マルチタッチになり、操作性アップ
    2点マルチタッチから5点マルチタッチになったことにより、操作性が向上しています。

ライバルとしてはFREETELのMIYAVIです。ほぼ同等の価格であるためです。MIYAVIの方がカメラの画素数が大きいですが、バッテリー容量が少なくなっています。

FREETEL Priori 3S LTEはバッテリー容量が大きく魅力的ですが、前機種Priori 3 LTEで可能であったバッテリー交換が自分で出来なくなりました。バッテリー交換をしたい方は前機種Priori 3 LTEをオススメしますが、こだわりのない方にPriori 3S LTEはかなりオススメです。

SIMフリースマホの標準的なスペックを満たしつつ、価格の安さの点でオススメです。

www.mataro1.com

FREETEL priori3 LTE

特にこだわりがなく、できるだけ安くでスマホを購入したい方はpriori3 LTEを購入しておけば大丈夫でしょう。
Android OSを採用していて、LTEにも対応していながら安いからです。

Android OSを搭載しているため、多くのアプリをインストールすることができます。
最近はWindowsのスマホも出て来ていますが、WindowsへのよほどのこだわりがなければAndroidスマホを購入することをオススメします。

カラーバリエーションも多くバッテリーが交換可能であることも高評価の一つです。
このpriori3 LTEはゲームには向いていなく、通話やSNS、メール使用にオススメです。

さらに2年補償のサービスが2500円程度で購入できるため、オススメです。

priori3 LTEを購入する方にオススメの記事として以下のようなものがあります。

www.mataro1.com

Acer Liquid Z330

Acerはパソコンなども販売している会社です。
このZ330は上記のFREETEL priori3 LTEと比べて、大きく違うことはありません。
しかし、ライトユーザーにピッタリなスマホです。

このスマホもバッテリー交換が可能であり、便利でしょう。連続待受時間が3Gのものしか発見できなかったのですが、中々に良い待ち受け時間の長さだと思います。

このスマホの難点としては、楽天モバイルを申し込んだ人しか契約できないことです。
そのため、楽天モバイルを契約し、端末補償のオプションを申し込みたい方にオススメのスマホです。

FREETEL KATANA02

きました。OSがWindows 10 Mobileです。

Windowsのスマホでちょっぴりハイスペックなスマホがほしい方にオススメです。
RAMが2GBあり、5点マルチタッチに対応しているため、快適に地図操作やブラウジングを行うことができます。

何回も言いますが、Windowsスマホをどうしても使いたいという方にオススメです。

FREETEL SAMURAI MIYAVI

FREETELのフラグシップ(ハイエンドモデル)として売られているのに、価格が安いことが魅力のSIMフリースマホです。

5インチのIPS液晶という点も高評価の理由の一つです。IPS液晶は視野角が広く、見やすいです。
このSAMURAI MIYAVIの残念な点は連続待受時間が短いことです。そのため、モバイルバッテリーを一緒に持ち歩くか予備のバッテリーを購入しておいた方がいいでしょう。

しかしながら、安くでハイスペックなAndroidスマホが欲しいならイチ押しです。

FREETEL KATANA01

Windowsスマホの低価格版がKATANA01です。
Windowsスマホを試しに使ってみたいという方にオススメのSIMフリースマホとなっています。

FREETEL KTANA01を購入する方にオススメの記事として以下のようなものがあります。

www.mataro1.com

COVIA FLEAZ POP

4インチというスマホ画面の小ささが特徴のスマホです。
iPhone5やiPhone5sと同じ画面サイズです。

特にこれといった機能はなく、FREETEL priori3 LTEと違いもあまりありません。
しかし、画面サイズが小さいコンパクトなスマートフォンを使いたいという方にはオススメです。

UPQ UPQ Phone A01X

このUPQ Phone A01Xはカラーバリエーションが多く、自分好みのスマホカラーを見つけたい方にオススメです。

しかしながら、このスマホを購入するならFREETELのpriori3 LTEなどをオススメします。

まとめ

SIMフリースマホ業界は海外メーカーがまだまだ多いです。日本メーカーの富士通などもSIMフリースマホを出していますが、割高感が否めません。
そこで、現れたのがFREETELです。FREETELは日本の会社です。サポートの評判はイマイチですが、スマホをせっかく買うなら日本メーカーを応援したいと言う方はFREETELのスマホの購入をオススメします。
もちろん価格分の価値はあるスマホを出していると思います。

1万円台のSIMフリースマホのメーカーはサポートが雑であったりします。そこで、修理に出して有料であれば、買い換えた方が速い上に出費もそこまで変わらないと思います。
そのため、1万円台のスマホは1年~2年程度使えたら上出来でしょう。

オススメ記事

www.mataro1.com

www.mataro1.com