読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMフリーiPhoneの購入と格安SIMの契約で損しない方法

スマートフォン スマートフォン-料金節約

皆さんはSIMフリー版のiPhoneをご存知でしょうか??
知らない方に簡単に説明すると、SIMフリーiPhoneとはdocomoやau、SoftBank以外の毎月の料金が比較的安い会社で契約を行うために必要であったり、使うことができるものです。

今回は、話題になっているiPhoneのSIMフリー版についてのご紹介をします。SIMフリーiPhoneの購入が絶対に安いわけではなく、人によっては損をします!SIMフリーiPhoneを購入するべき人とするべきでない人の紹介を行います。また、SIMフリーiPhoneの購入方法やオススメの格安SIMの紹介もしています。
※今回は基本的に税別で説明します。

SIMフリーiPhoneを購入するべき人

日本でもiPhone5sやiPhone6のSIMフリー版が発売されて、ついにiPhone6sのSIMフリー版も発売されました。
そんなSIMフリーのiPhoneを購入するべき人のご紹介を先にしておこうと思います。
以下にSIMフリーiPhoneを購入するべき人の例を示します。先にポイントだけまとめます。

  1. 毎月の電話時間が短い人
  2. 電話番号が必要でない人
  3. データ通信のみを行いたい人
  4. スマホ料金を安くしたい人
  5. 家族が複数人 電話番号を必要な人は少数

毎月の電話時間が短い人

携帯電話の番号(090など)を使用した毎月の通話時間は60分以下。
つまり、電話番号を使って毎月2時間、3時間とかけることのない人にはオススメです。
特に学生の方は携帯電話の番号を使って掛ける方は少ないと思います。それ以外の方でも日常生活ではLINEの電話機能を使うから、通話料金がかかっていないかたもたくさんいるでしょう。
このような方はSIMフリーのiPhoneを購入するべき人です。

しかし、仕事をする上でLINEやSkypeではなく、090などからはじまる電話番号で長時間電話する人もいると思います。
このように長時間電話する場合はdocomoやau,SoftBankで契約した方がいい場合があります。
ただし、毎月60分程度の通話時間であれば、SIMフリーiPhoneを利用するのもありでしょう。

電話番号が必要でない人

そもそも電話を全くすることがなく、電話番号が要らない人にもオススメです。
LINEなどの無料通話だけで事足りている人はSIMフリーのiPhoneにするべきでしょう。090や080の電話番号を契約しなければ、毎月の携帯料金をかなり抑えられます。

しかし、たまーのたまに電話番号が必要になることがあるでしょう。そんな時は050から始まるIP電話と言うのをお安く契約することができます。その代わり、050から始まるIP電話では110番などはできないので要注意を!

データ通信のみを行いたい人

本当の本当に電話番号が必要ない方(お子さんやサブのスマホと使用する方)はSIMフリーのiPhoneを買うべきです。

スマホ料金を安くしたい人

家族が4人など複数人いるが、iPhoneを使いたい家族1人のみで、他の家族はAndroidスマホでも良い。 そして、毎月の携帯料金を抑えたい場合はSIMフリーiPhone一択ですね。

ただし、ご家族全員(3~4人以上)がiPhoneを契約したい場合はSIMフリーiPhoneをオススメしません。電話番号が必要な人が1人など少数の場合はSIMフリーiPhoneもあり。 しかし、家族が多いとスマホ料金が家計の負担になってきますよね。携帯料金を限りなく安くしたければ、Androidスマートフォンを契約するべきです。
どうしても家族全員がiPhoneを契約したい場合はSIMフリーではなく、他の契約方法をするべきです。これについては別記事で紹介しますが、まだ作成していいないため、もう少々お待ち下さい。

家族が複数人 電話番号を必要な人は少数

上のパターンと似ていますが、家族が3人以上いて、090や080の電話番号が必要な人が1人や2人しかいないなら、SIMフリーiPhoneを契約するべきです。
090や080の電話番号を契約しなければ、圧倒的にスマホ代を抑えられます。

SIMフリーiPhoneの購入がなぜお得なのか

さあここからが本題です。

SIMフリーiPhoneの購入がなぜお得なのかを紹介します。
スマートフォンを外出先などで使用するためには、

  1. スマートフォン本体
  2. 通信を行うための契約証であるSIMカード

が必要です

SIMフリーiPhoneはSIMフリーなんです。そのため、最近話題になっている格安SIMやMVNOと呼ばれているものを使用できます。
今までなら、docomoやau、SoftBankなどの大手3キャリアなどでしかスマートフォン本体とSIMカードは契約できませんでした。

しかし、SIMフリーiPhoneなら他の会社でもSIMカードを契約できます。
SIMフリーiPhone本体を購入後、SIMカードのみを別の会社で契約すると毎月の料金を抑えられるんです。上記の説明と同じようになりますが、今まではiPhoneもSIMカードもdocomoなどでしか契約できませんでした。
料金を安くするにはスマートフォンとSIMカードを別々に購入&契約するだけでいいんです。

docomoやau,SoftBankの基本料金と呼ばれるものはiPhone1台当たり大体6500円~8000円程度です。
しかし、格安SIMなら通話をしない場合、500円~2500円程度です。
毎月の通話時間(090などを用いる場合)が60分以内なら通話料金自体は2500円程度で済みます。
そうです。SIMフリーiPhoneとSIMカードを組み合わせれば、docomoやau,SoftBankで契約するより数千円も基本料金が安くなることもあるんです!!!

iPhone本体の値段

SIMフリーiPhone本体の値段

SIMフリーのiPhoneの値段は結構高いです。
2015年9月iPhone6s発売時の価格(税込み8%)を載せておきます。

  1. 16GB  93744円
  2. 64GB  106704円
  3. 128GB 119664円

YES。ジュウマンエン。高いですよね。だからと言ってdocomoなどのiPhoneが安いわけではありませんが・・・・

iPhone本体の値段

以下に3大キャリアのiPhone6sの値段を載せておきます。

  1. SoftBankは16GBモデルが93600円
  2. docomoは16GBモデルが93312円
  3. auは16GBモデルが84240円

となっています。64GBモデルは+1万円、128GBモデルは+2万円のイメージで大丈夫です。
※注意点としてはSoftBankやdocomo,auには割引サービスがあります。そのため、iPhone6sの16GBモデルの実際の本体代金は15000円~25000円程度になります。このことは頭の中に入れておいてください。

まあ、SIMフリーiPhoneとSoftBankとdocomoのiPhoneの価格は2015年10月現在、ほとんど同じですね。

格安SIMを使えば毎月の料金が安い

比較対象としてauの話をします。auでiPhoneの64GBモデルを契約すると、割引が効いても、毎月の本体代金として1000円~1500円程度払わないといけないです。
この本体代金に基本料金を足すと、
auの場合、毎月約5000円~8000円
をauに支払わなければなりません。

※auひかりも同時契約すると毎月割引があります。そのため、5000円程度でiPhoneを契約することも可能です。毎月5000円で可能なことは1GBのデータ通信容量に5分以内ならかけ放題のプランです。しかし、auひかりに入っていないと実現できません。

どちらにせよ5000円は高いですよね・・・・・・・
そこで、格安SIMの登場です。

電話番号が必要なく、データ通信のみで良いのであればSIMカードを500円で契約することもできます。つまり、基本料金が500円。
しかし、今回は実用性を考え、基本料金が800円以上のプランを紹介します。
さらに、090などの電話番号が必要でも1500円~1700円程度で契約することができます。
1500円~1700円程度にSIMフリーiPhoneの値段を24分割して、足し合わせたものが毎月の料金になります。

64GBのSIMフリーiPhoneを購入した時の毎月の料金

ローンでiPhoneを購入した場合金利が付く場合と付かない場合があります。
ここでは話を簡単にするために金利は0%だと考えて説明します。

64GBのiPhone6sの代金は107604円です。これを24ヶ月で分割で払ったとすると、
毎月の本体代金 4500円程度
の支払いとなります。

この本体代金4500円+基本料金(800~1700円)
が毎月の携帯料金となります。
つまり、
合計代金は5300~6200円程度

そうです!電話番号が必要な場合、6200円もかかってしまいます。そのため、auなどの大手キャリアと比べたとき、割引の大きさによってはauを契約したほうがいい場合があります。例えば、自宅の固定回線がauひかりの場合や学生の子供がいる場合、機種変更の割引クーポン(20000円分)などがある場合はauのiPhoneを契約したほうが良いこともあります。
※ただし、細かい計算をして、確認する必要がある。また、複数のiPhoneを契約する場合は他の契約方法がオススメ、詳しくは別記事を参照(まだ未完成)。

090や080の電話番号が必要ではなく、データ通信のみで良い方や050の電話番号があれば良い方は毎月5200円~でiPhoneを使用できます。

また、注意点としてはiPhoneを25ヶ月以上(2年~3年)使用することを考えている人は格安SIMを契約するべきです。なぜなら、25ヶ月目以降は基本料金しかかかりません。
しかし、auは毎月6500~7500円も払わないといけないですが、格安SIMなら800~1700円程度で済みます。毎月の090などでの電話時間が60分以内なら2000円ちょっとで済みます。

そのため、

  • データ通信のみの契約
  • iPhoneの2年以上の長期使用

であれば、かなり安くiPhoneを維持できます。

SIMフリーiPhoneの購入方法

SIMフリーiPhoneの購入方法は以下のようにいくつかあります。

  1. Apple Store オンラインで購入
  2. ヤフオクで購入
  3. Amazonで購入
  4. 楽天で購入

まあ当たり前ですが、Apple Store オンラインでの購入をオススメします。Apple Store オンラインなら、補償サービスにも入れますし、無駄なトラブルに巻き込まれることがありません。

特にヤフオクは中古品なども安くで出ていますが、故障や動作不良時に苦労します。そのため、自分で対処できる自信のある人、問題が発生して損しても諦めの付く人はヤフオクなどで購入してもいいかもしれません。
Apple Store オンラインで購入するのはお金で安全を買うという感じですかね。

格安SIMについて

今回オススメするのはmineoとBIGLOBEです。

mineoのDプランとBIGLOBEはそこそこ通信速度が安定していて、毎月の料金が安いです。
iPhoneを1台だけ契約するなら、mineoがオススメです。
090などでの通話も毎月するという方で、iPhonewo2台もしくは4台契約するなら、BIGLOBEがオススメです。 以下に料金の一例を示します。

基本料金
mineo BIGLOBE
データ通信のみ 700円~ 900円~
090での通話あり 1400円~ 1400円~

データ通信のみの契約について

ここで言いたいことは、データ通信のみの契約で毎月の通信量が3GB以上が良い方では直近72時間600MB以上で速度規制がかかっても大丈夫なら
BIGLOBEにしてください。

iPhone2台もしくは4台を利用する場合は
BIGLOBEにしてください。

メールやLINEしかしないから、1GBや500MBの少量のプランでも良い方は
mineo Dプランにしてください。

2台もしくは4台の偶数契約なら、BIGLOBEを契約するべきです。偶数台契約を行うときはSIMシェアと言うサービスを利用します。
これを利用し、2台同時契約で、

  • 6GBのデータ通信が付属
  • 直近72時間の速度規制無し
  • 6GBまでは速度規制無しで使用可能
  • 3GBを2台などの複数台で分け合い、シェア可能
  • 料金は1台あたり3GBで825円

となっていて基本料金がかなり安いです。

しかし、シェアを利用しない場合、直近72時間600MB以上で速度規制がかかるのがBIGLOBEです。
そのため、1台しか契約しない場合はmineoがオススメです。なぜなら、直近72時間の速度規制がないからです。

ここで、重要な事として通信速度が速いほうがウェブページの表示やアプリのダウンロードは速くなります。2016年前半はFREETELや楽天モバイルの通信速度が安定しているイメージがあります。
しかし、メールなどしかしないのであれば、あまり速度を気にする必要はないため、料金を抑えるべきです。

他にも安い格安SIMはあるため、様々な情報を知りたい方には以下の記事がオススメです。

www.mataro1.com

音声通話有りの契約について

普通なら、3GB分のデータ通信に音声通話契約を付属すると1600円はしますが、BIGLOBEで偶数台契約なら1525円になります。

mineoには家族割みたいなものがあり、複数台契約なら、3GB分のデータ通信に音声通話契約を付属すると1550円になります。

こちらもデータ通信と同じで1台しか契約しないなら、mineoでしょう。
しかし、偶数台契約ならBIGLOBEがオススメです。

その他の格安SIMも含めて、より詳しく知りたい場合は以下の記事もオススメです。

www.mataro1.com

格安SIMの契約方法

SIM自体の契約は簡単で、インターネットから申しこめば自宅にSIMカードが届きます。
後はこのSIMカードを用意していたiPhoneに挿し込んで、設定すれば使用できるようになります。

現在使用している電話番号をそのまま利用したい場合はMNPと言うものをする必要があります。

  • docomo契約者はdocomoのサポートセンターへ
  • au契約者はauのサポートセンターへ
  • SoftBank契約者はSoftBankのサポートセンターへ

電話して、手続きをする必要があります。

MNP予約番号を発行した後はすぐにmineoやBIGLOBEに申し込む必要があるので、ご注意を!

現在使用している電話番号が必要でない場合、
データ通信のみの契約
音声通話の新規契約
などの場合は公式サイトからSIMカードを申し込むだけでOKです。

インターネットでのSIMカードの申し込みは簡単で、公式サイトから申し込むだけです。

mineoの詳しい契約方法

mineoの詳しい契約方法を知りたい方は以下の記事を参考にして下さい。

www.mataro1.com

まとめ

SIMフリーiPhoneさえあれば、後はSIMカードを申し込むだけでOKです。
ポイントはいくつかありますが、ある程度は分かってもらえたと思います。

特に2年以上iPhoneを利用することを考えている方にはオススメです。
しかし、auひかりを契約している方でauスマホの一番安いプラン(1GB+かけ放題プラン)を契約する場合、料金的には損になる場合などもあるので注意して下さい。ただし、このauのプランは1GBしか使用できなく、すぐに通信規制になるかもしれないと言うデメリットがあります・・・

総じて090などで有料通話を行わない方にはSIMフリーiPhoneがオススメです。

もしも直接相談したい場合はTwitterやgmailからお問い合わせください。 gmailは迷惑メール対策として、後半をかなにしています。
mataro.phoneアットGメールドットコム

オススメ記事

www.mataro1.com

www.mataro1.com

www.mataro1.com