iPhoneの復元時間が長いときの3つの解決方法とは?

復元時間が長いときの対処方法

iPhoneのデータ復元の時間が長い時は、

  • 復元を諦める。
  • 古いバックアップデータを復元する。
  • iTunesのバックアップしてから復元する。
  • 一時的に復元を中止して、連絡先などだけ復元する。
  • 復元を何回かやり直す。

以上、4個の方法しかないと思います。

PC・iTunesで復元しているときの対処方法

PCでiTunesを用いての復元に時間がかかる際は、キャンセルしてもらい

  • Lightningケーブルの交換を試す。
  • iPhoneのiOSのバージョンがバックアップしたときのiPhoneのバージョンと一緒になっているか確認。
  • iTunesのバージョンが最新になっているか確認。
  • 以前のバックアップデータの復元を試みる。
  • 違うパソコンにてバックアップを取り直し、復元を試みる。

以上の方法でも解決に至らない場合は、Appleサポートに連絡してもらい相談して頂く必要があると思います。

iPhoneのみ・iCloudで復元しているときの対処方法

iCloudを用いて復元する際は、iCloudの復元をキャンセルしてもらことで、

  • 途中まで復元した状態ですが、使うことが可能になります。
  • その後、wi-fiの電波を変えてみる。
  • iPhoneのiOSが最新のバージョンになっているか確認。
  • 以前のバックアップデータの復元を試みる。

以上の方法でも解決に至らない場合は、Appleサポートに連絡してもらい相談して頂く必要があると思います。

iPhoneのバックアップからの復元に掛かる時間

復元に成功していれば、あくまで目安ですが、実体験上は

  • 使用データ量が16GB以下であれば30分以内(早いと5分程度です。)
  • 40GB以上64GB以下は40分以内
  • 128GB以下は1時間から1時間30分くらいでした。

復元に失敗しているときは、 iTunesバックアップ復元の際は、ほとんどがエラーを表示してくれます。 例えば、「エラーが起きた」、「ディスク容量が不足している」、 「バックアップが破損しているか互換性がない」等があります。 その場合は、その指示に併せて、対応していきます。 iCloudでは、復元の状態が進まず30分放置していても、全く進まない場合、上記の方法で解決できる可能性が高いと思います。

まとめ

今回、復元時間が長い時の対処方法をお話させて頂きましたが、iPhoneはXだったり8、8 Plusの販売が開始されたばかりです。 これから、機種変更をされる方、したけど復元がうまく行かない場合は、是非この方法を試してみてください。 もし、これでもダメだった場合はAppleサポートに相談をしてみてください。